女性と男性では違う?不妊サプリメントの正しい選び方

女性が必要になる栄養分は二つ

 

妊娠をするためには、卵子と精子が正しい働きをして受精卵として着床しなくてはいけません。この過程がないと妊娠をすることができないのでまずは受精卵を作るための身体作りから始める必要があります。女性が気を付けなくてはならないのは、生理周期と卵子を作るために必要な女性ホルモンのバランスです。

女性の中には生理周期が乱れることによって非常に苦しい生理を体験してしまう人もいますが、これは体内のホルモンバランスが通常とは異なっている可能性が高いからです。

特に、女性ホルモンのバランスが崩れると苦しい生理を経験してしまったり、または不妊の原因にもなってしまうのでまずはこの原因を取り除いて妊娠できる身体にすることが大切です。これを改善できる効率的な栄養分は二つあります。

  • イソフラボン
  • ビタミンE

女性ホルモンは卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンの二つが存在し、これら二つのホルモンが影響を与えることによって排卵や月経が生じます。そして、女性ホルモンのバランスを整えるために重要になるのが上記のイソフラボンとビタミンEです。

イソフラボンが女性ホルモンのバランスを整える働きがあるのは有名ですが、実はビタミンEにも卵巣に働きかけてホルモンバランスを整える働きが存在します。不妊サプリメントに関してはよく葉酸を勧められることがありますが、葉酸が必要になるのは妊娠前ではなく妊娠した後です。

例えば、不妊治療をしている人が葉酸を摂取したとしてもあまり意味はありません。確かに葉酸が不足すると胎児に悪影響を与えることが医学的にも証明されています。

しかし、これは葉酸の役割が母体の中に存在している胎児の健全な成長を手助けするためにあるのであって、母体そのものの健康状態を維持するものではないことを意味しています。実際に、妊娠前の女性の葉酸の摂取分は日常の食生活から摂取できる栄養分で補うことができることがわかっています。

つまり、葉酸が足りなくなるのは妊娠前ではなく妊娠した後なのです。妊娠前に限定すれば、ビタミンB群の葉酸ではなくビタミンEで卵巣を含む身体を整えたほうが妊娠をしやすい身体になります。この点は誤解をしている人も多いので間違えないように栄養分を摂取しましょう。

タンパク質と亜鉛はサプリメントで同時に摂取しよう

 

男性が不妊サプリメントを利用してパートナーに妊娠してもらうことを考慮するのならば、以下の二つの栄養分が必須です。

  • タンパク質
  • 亜鉛

タンパク質と亜鉛は、人間の男性にとって非常に重要なものです。タンパク質は精子を生成するために必ず必要になるもので亜鉛は精子の生成量を増加させてくれる働きがあります。精子そのものの主成分はほとんどがタンパク質であるため、まずタンパク質を摂取しないと精液中に含まれる精子の数が非常に少なくなってしまうのです。

そして、何よりも重要になるのがタンパク質と亜鉛を別々に摂取するのではなく不妊サプリメントを利用して一緒に摂取することです。亜鉛はタンパク質の吸収を高める働きがありますので、別々に摂取するよりも同時に摂取したほうが身体に吸収される割合は高くなります。

実際に、効率的な亜鉛の摂取は男性の不妊治療にも利用されているくらいなので非常に効果は高いです。また、亜鉛に関しては進んで摂取しようと試みないと摂取できない特徴があります。

日本人の食事の中に含まれている亜鉛の含有率は世界的にもかなり低く、牡蠣などの海産物を含む特定の食事を摂取しないと満足な栄養分を取れません。食生活の中から効率的に亜鉛のみを摂取することは難しいので、やはり不妊サプリメントを利用してタンパク質と亜鉛を同時に摂取することが大切になります。

こちらのコラムも人気です!